読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリンドル玲奈の性格は?例のエピソードが本当なら、悪女確定な件

今回は、トリンドル玲奈さんの性格
について、調べていきたいと思います。

 

さて、トリンドルさんと言えば、
おバカなハーフタレントとして
テレビに露出していたことが有名。

 

でも実は、現在も慶応義塾大学に
在学していて、さらに出身高校は
偏差値70だったという驚愕の事実。

 

おバカだったのは、キャラだった
ことが今では知れ渡っています。

 

さらに、性格についても
悪いという噂が多数あります。

 

週刊誌では、こんな「アリエナイ」
話しが。

 

2011年夏に、ツイッター
こんなつぶやきが。

 

「後輩の友達が赤西に
『握手してくれませんか?』
って言ったら

『今プライベートだから』
って断られた。

諦めて帰ろうとした時、
トリンドルが笑いながら一言

『あんたなんかと
握手するわけないじゃん』

って」

 

その日、渋谷のボーリング場に
遊びに来ていた赤西とトリンドル。
他にも、錦戸や藤井リナもいたらしい。

 

それを偶然発見した一般人が、
赤西に握手を求めた時に起こった
話しみたい。

 

ツイッターでの発言なので
真実かどうかはわからないけど
なぜだか妙に納得できてしまいます。

 

トリンドル玲奈の性格 

ダレノガレ明美からクレーム?

さらに、同じハーフタレントの後輩
ダレノガレ明美からも、クレーム
来ているそうです。

 

2013年10月
テレビ番組「カミングアウト」
ダレノガレさんがトリンドルさんに
以下のようにクレームを言っています。

【画像】ダレノガレがクレーム!!!

 

モデルの世界では、ファッションショー
でウォーキングする時には
基本的なルールがあります。

 

それは、行きの時はセンターを歩き
帰りは端を通るということ。

 

トリンドルさんが、このルールを破り
帰りもセンターを歩いてきたらしい。
その時の画像がこちら↓↓

⇒ トリンドルがルール違反!?

 

ちょっとわかりにくかったでしょうか?
次に、動画を確認してみましょう。

【動画】トリンドル、ド真ん中を帰る!

 

動画の30秒から、トリンドルさんが
「帰り」にも関わらずど真ん中を
歩いて帰っています。

 

さらに、39秒では、
すれ違う直前に、ダレノガレさんが
「コラァ!」
的なことを口にしています。

 

私達からすれば、
「トリンドルのどこが悪いの?」
というふうに見ってしまいますが

 

モデルにとって、このルールは絶対。
「赤信号は止まれ、青信号は進め」
ぐらい、当たり前のルールだそうです。

 

それを意図的に破ったとなれば
やはりトリンドルさんの性格は悪い
ということになりますね。

 

逆に、性格が良いエピソードは
ないのでしょうか?
探してみました。

 

家族思い

トリンドルさんは、オーストリア人の父
と日本人の母を持つ、ハーフです。

 

父親の仕事の関係で、これまでに
フランス・アメリカ、日本と10回以上
の引っ越しをしてきたそうです。

 

父親はIT関係の仕事をしていて
かなり有能な人物のようですね。

 

海外赴任というのは、かなり経費が
かかるので、会社側も簡単には
させませんから。

 

しかし、子供にとっては、度重なる
引っ越しは大変だったことでしょう。

 

トリンドルさんは、友達と深く
付き合うことができなかったそうです。

 

そのかわり、家族との絆が強くなり
今でも毎年、クリスマスと年末年始は
家族一緒に過ごしているそうです。

 

努力家

トリンドルさんは、引っ越しが
多かったこともあって、3か国語を
話すことができます。

 

日本語とドイツ語はネイティブレベル。
英語も、日常会話は問題なく話せます。

 

ちなみに、テレビ番組のドイツ語教室
に出演していた時の動画がこちら↓↓

⇒ トリンドルのドイツ語教室

 

さすがに3か国語となると
自然に覚えられたわけではないと
思うので、相当な努力をしたはず。

 

さらに、彼女の出身高校は偏差値70
国際基督教大学高等学校」。
大学は、慶応義塾大学」
言わずと入れた、名門大学ですね。

 

トリンドルさんの出身高校では、
2014年度の卒業生の実績でいうと、
50%以上が、慶応、早稲田、上智大学
のいずれかに進学しています。

 

トリンドルさんが、学校生活で
勉強を相当がんばっていたのは
間違いなさそうですね。

 

まとめ

これまでの調査結果から
トリンドルさんの性格を分析すると
「プライドが高すぎる」みたい。

 

人の性格というのは
「目下の人に対する態度」に出る
と言われます。

これに当てはまるのが
例のツイッターやダレノガレさんとの事件。

 

トリンドルさんの態度は
「良くない」ですよね。

 

というわけで、当ブログ上では
トリンドルさんの性格は
「良くない」ということで
調査結果を報告させて頂きます。

 

ちなみに、家族とは非常に仲が良く
論理的に物事を考える父親
いつも明るくて元気をくれる母親を
尊敬しているそうです。

 

母親のように、
「笑顔でいろんな人に
勇気を与えられる人」
になりたいそうです。

 

さて、もう一度、例のエピソードを
振り返ってみましょう。

 

赤西に握手を求め、断られた一般人。
その人にトリンドルは笑顔で一言。
「あんたなんかと、
握手するわけないじゃん。」

 

一般人のツイッターのつぶやき
が発信源の、このエピソード。
できれば、作り話であることを願います。

 

だって、本当だったら、トリンドルさん
ヤバすぎるでしょ?